nidのブログ

大天使 アンブリエル…マイク・ブース氏からのメッセージ


大天使 アンブリエル 

B110 ペールローズピンク/ディープマゼンタ

201253112時正午誕生 英国夏時間

愛と親切さの保護的なエネルギーとのリンク

531日の守護天使、B67 Mebahel とリンク


大天使アンブリエルは、私たちがペールローズピンクと呼ぶピンクの一種を含みます。ローズピンクの強烈化は、オーラソーマ®システムにおける新しい可能性です。

大天使アンブリエルは、黄道十二宮の大天使の1人であり、双子座の支配天使です。そして宇宙のキリストに関連します。それは宇宙のキリストのツイン(ライトツインとダークツイン)であり、グラストンベリーゾディアックの双子座の地形、ダンドンヒル(Dundon Hill)に関連づけられます。また、オーラソーマタロットの「恋人たち」、イクイリブリアムB6とB84が、双子座と宇宙のキリストに関係します。

双子座を支配する黄道十二宮の大天使とのつながりから、私たちはアンブリエルを光に満ちたエネルギーと考えるかもしれません。また、どの方角にもすばやく動く風(AIR)の元素の質とも関係があります。異なる世界をたやすく移動し、水の一部でもあり、地上にあるものを滋養します。

アンブリエルは、あらゆるレベルでのコミュニケーションに関係し、伝統的に保護の大天使として知られます。それはコミュニケーションの明晰さからくる保護です。また、ジャッジをしない気づきとも関連します。批判の感覚のない気づき、あるいは「批判的性質」と呼ばれるものが存在しない気づきであり、それは内なる真実に関わることのコミュニケーション、ジャッジをせずに分析することができる感性をもつことにつながります。

アンブリエルは、スピリットを目覚めさせることを助けるコミュニケーションを鼓舞し、また自己の内なる真実に私たちの意識を導くために、ここにいます。全ての側面において「非常に直接的」な優しい大天使です。真実と明晰さそれ自体というのは、真実と明晰さと同じ質ではないものに対して、時として対立的なエネルギーになりがちです。明晰さを奨励し混乱を取り除くために、私たち自身の内側にある内なる真実をより伝えてゆくために、アンブリエルは今の私たちを力づけます。混乱に同一化することを通しておきる対立、その混乱と親しくなるのではなく、私たちが自分の内側にある両極性を越えてゆくことを、アンブリエルは助けます。そして恐れからくる疑いや不信を取り除くことを助けます。伝統的にあるお手本や、その「基準」がたった一つのあり方とは限りません。

私たちが疑惑にとらわれすぎて自分の目前にある途がはっきりと見えないときに蓄積する毒を取り除くのもアンブリエルだといえます。疑いは「道」を歩むときの良き道連れといえます。私たちは、自信過剰になることは避けたいと思いますが、疑惑の念が強くなりすぎると、不信の念を通して明晰さの欠落へとつながります。

私たちは、不確かさの霧を取り除くことを求められています。明晰さの欠如を見通し、最高の善のために何が真実かを見極めることに意欲的である必要があります。アンブリエルは、私たちがブルー、イエロー、レッドのボウルのなかに明晰さを求めることを助けます。私たちの目の前に横たわる途の上にある、インテレクトにおける明晰さ、フィーリングにおける明晰さ、そして私たちの本能のビーイングに関連する気づきということもできます。

もし私たちが見ることに明晰さをもたらせるなら、それは「ダルマ」と私たちが呼ぶものが、私たちの前に展開する可能性でもあります。このためには、自分がしていることのあり方に、ヴィジョンの明晰さ、気づきの明晰さが要求されます。真実の内なる中心とその展開のあり方に耳を傾けるなら、たくさんの可能性が開かれてゆきます。明晰性は、外見を超えて見ること、見かけの背後に行くこと、そして私たちに差し出されるマスクを超えていくことに自発的であることでもあります。そのマスクは自分自身でまとうマスクや、人に見せるマスク、その背後に自分を隠すマスク、自己投影の結果などです。

私たちは自分が接するいろんな人たちにどのように関わるのでしょうか? 自分自身の中にある内なる真実から関わるのでしょうか? それとも投影や、自分の中の最善とは言えない側面のマスク、あるいは人の中に私たちが認識するものから関わるのでしょうか? アンブリエルの背景の中で、私たちは自己受容の深いレベルを見いだすことができます。これは愛、思いやり、温かさを助けることであり、自分自身を十分に受け入れることで、マスクが外れ、壁を乗り越え、私たちのハート、心が開くのを助け、真実がやってくるためにスペースをクリアにします。

アンブリエルは私たちが自分の夢を生き、ギフトが現れることを許し、私たちがもっと全体となることを可能にします。自分を他の人と比較する傾向は、多くの場合、自身の目からみる自分を小さくします。これは自分の中にある質を人の中に認めるという投影を通して起こるか、自分の中で何かが欠けている感覚を持っていて、その部分で自分をジャッジすることの一部として人をジャッジすることを通して起こります。

私たちが自分の質を観察するとき、自分が持っているものを育み、自分を別者に見せようとするトリックや手段を使わないように、アンブリエルは私たちに求めます。慈愛、思いやり、愛情、愛の繊細さという質を通して、私たちが自分の中にある真実の本質に気づいて理解する方向に、アンブリエルは私たちをサポートします。グスタフ・デイヴィドスンの「天使辞典」からの一節に「私は、嘘で守られるより真実で傷つく方を好む」と述べられています。

このエネルギーはアンブリエルのストーリーの一部であり、アンブリエルが私たちに求めていることの一部であるように思われます。それは、特にネガティブを克服することに関連して、私たちが人生で出会う状況や環境の中で順応性を持ち柔軟であることに関して、私たちの直感的なスキルを尊重して使うことであり、人のことばの背後に述べられていることに耳を傾けること、あるいは人の行為に対してジャッジをするよりむしろどのように肯定的に見るかということ



Copyright 2017 All rights reserved. by nid-insutitut